雨の日や夜にこそ物件見学に!

賃貸物件の見学時は晴れた日や昼間に行く人がほとんどだと思います。
昼間の方が予定が立てやすいことや、不動産会社の立ち会いの都合上、昼間のことが多いですよね。

でも物件見学は、雨の日や夜にこそ行くほうがいいのですよ!

なぜかというと…
実は昼間や晴れた日など、天候の条件がいいときに見学するのと、夜や雨の日に見学するのでは、物件の雰囲気も周囲の環境もガラっと変わってしまいます。

例えば昼間は日当たりがよく、とても静かな環境の物件。
夜になると、騒音がひどかったり近所の住民の話声や生活音が気になるくらい大きいということが多いのです。

さらに昼間は気付かなかったけど、夜になると近隣の街灯が少なく、真っ暗な道を歩くことになる可能性もあります。
駅から近いし、車通りが多いから女性でも安心!
なんて担当さんに言われても、必ず夜も近隣を見てみましょう。
いくら駅から近くても、街灯はない・夜になると車通りもない。
これでは物騒ですよね。

雨の日に見学するメリットは、物件の周囲は雨水が溜まりやすい場所なのか、判断することがあります。
晴れた日は気にならないけど、雨が降ると途端に周囲の道路が水没しやすい!
こんな物件だと、特に車や徒歩通勤の方は困ってしまいますよね。

悪天候や夜こそ物件の良さや悪さがわかります!
ぜひ一度は雨の日・夜に見学をしてくださいね。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らなきゃ損な賃貸物件情報 All Rights Reserved.